JAG、最高級ジュエリー制作の匠

二国の関係

当社の歴史は、夢・希望・ライフイベントに彩られた小さな家族経営の宝石店の物語です。それは、人々にまつわる人間味あふれる物語です。

19世紀

当社には約150年に及ぶ歴史があります。Bucherなる人物が掘削のためにダイヤモンド製の先端製造の事業を始め、当時、それは大幅に拡大しました。そして、まもなく、彼はダイヤモンドカットの事業を発展させます。

ダイヤモンド細工師であった祖父

20世紀半ばにさしかかる頃、Bucherの孫であるGotlieb Schaubが、それまでのダイヤモンドカット事業に加えて、ダイヤモンド取引とジュエリー制作事業に着手し、スイスのルツェルン市Grendel(グレンデル)通りに第一号店が開店します。

芸術家の顔をもつ宝石職人

その後、Gotlieb Schaubの孫はジュエリー・アンドレアス・グムール, JAGの名で、高級ジュエリー制作の技術発展を目的とした彼自身の会社を設立しました。

パリの宝石店の伝統

アンドレアス・グムール、自身の技能を完璧なものにするために、パリで宝石職人としての訓練を受けます。彼は、パリ市宝飾製造業者組合のルーブル通りにある宝飾専門学校へ数年間通い、パリの宝飾製造における新旧技術を習得しました。

貴石にかける愛

貴石を愛するあまり、Andreas Gmurは、宝飾加工用の石を専門とする宝石学のディプロマを取得しました。その後、独自性に富んだ彼の制作に必要となる最良の石を入手するため、その供給源として、採掘源にできる限り近いところ(タイ、スリランカ、ニューヨークなど)で、人脈を広げていきました。

パリに出店

卒業後、Andreas Gmurはパリ3区に居を構え、主に有名ブランドの下請け業者として働きました。彼は、パリの建築、とりわけ工房近くにあったパリ工芸博物館から影響を受けたため、自身の作品に刻印するJAGブランドのマークとして、四葉のクローバーを選びました。それぞれの葉は神学上の4つの徳、つまり、希望・信仰・慈愛・幸運を表しています。これらはジュエリーにかける彼の情熱の中核を成しています。

原点回帰

そのルーツと再び結びつくことを求めて、JAGは祖国へ戻り、家族経営の最初の会社が創業されて以来約150年ぶりに、ジュネーヴ旧市街に出店します。

メニュー

Jewelry Andreas Gmur

5 Cour de Saint-Pierre

1204 Geneva (ジュネーヴ)

+41 22 310 14 50

 

JAG - Paris

Rue Réaumur

75003 Paris (パリ)

+33 7 69 40 10 14

 

jewelry@jag.luxury

www.jag.luxury

ジュネーヴ‐パリ

JAG、最高級ジュエリー制作の匠

JAG、最高級ジュエリー制作の匠

JAG、最高級ジュエリー制作の匠

JAG、最高級ジュエリー制作の匠